日本電産が軟調、HDD需要先行き低迷の思惑で売り優勢

 日本電産<6594.OS>が冴えない。株価はここ最近下値模索の動きを強めており、全般相場が頑強な動きをみせる中で10月10日の年初来安値4860円も目前にとらえる軟調ぶりが目を引いている。ちなみに、きょう年初来安値を更新しているのは東証1部ではわずかに2銘柄、大証では1銘柄にすぎない。同社はHDD用小型モーターで世界トップシェアを誇る大型優良株だが、「世界的なパソコン需要の低迷がHDD需要の減速にリンクして同社の業績先行きに対する不透明感が見切り売りを助長している」(準大手証券調査部)との見方が出ていた。

日本電産の株価は13時37分現在4960円(▼20円)。