<株式トピックス>=「enish」は買い人気殺到で初日売買成立せず

 11日に東証マザーズに新規上場したenish<3667.T>がカイ気配を切り上げ、初値を付けずに初日の取引を終えた。最終気配値は公開価格800円の2.3倍に相当する1840円カイ。差し引き82万株程度の買い注文を残した。同社は、ソーシャルゲームの会社で、経営シミュレーションゲーム「ぼくのレストラン2」、アパレルショップ経営シミュレーションゲーム「ガルシュ☆」などのアプリケーションの企画・開発・提供を手掛けている。
 上場初日にカイ気配のまま売買が成立しなかったのは、11月15日に上場したキャリアリンク<6070.T>以来のこと。今年になってからはエイチーム<3662.T>、モブキャス<3664.T>、トレンダーズ<6069.T>と合わせて5社目になる。
 人材派遣を主力事業とするキャリアリンクを除けば、いずれも大きな括りではいわゆるネット関連の業種ばかり。新規上場後の株価推移を見ると、必ずしも上昇基調にあるものばかりではないが、市場を活性化させているという意味では大きな役割を果たしている。東証マザーズ指数は、6日続伸し年初来高値を更新し続けている。