高値目指す動き

MSQも控え思惑も入る動き
昨日は期日近い先物はロールオーバーで閑散でしたが、FOMCに対する思惑も入りますが、本日も活況という事にはなりそうもありません。しかし、目先9630目指しの公算はありと見て眺めていきます。現物も窓空けの寄り付きとなりそうですので、まずは窓を埋めに来る動きを見極め、9600越えからの9630目指しの動きに期待しながら見ていきたいところです。価格帯は3月27日の高値と6月4日の安値の丁度2/3戻しに差し掛かっています。ここを抜けてくれば9500の足固め完了との動きにも繋がりますので、閑散相場を想定しつつも期待も少し入れながらの一日になります。