一建設がしっかり、第3四半期決算が手掛かり

 一建設<3268.OS>がしっかり。11日の取引終了後、第3四半期(2~10月)決算を発表しており、今期より四半期連結財務諸表を作成しているため前年同期比較はないが、売上高1969億900万円、経常利益170億9200万円となり、前年同期の単独決算時と比較すると16%増となったことを好感しているようだ。ただ、2月に買収した城南建設の新規連結効果が主因。第3四半期までに建売分譲5245棟、マンション分譲824戸を販売したが、通期計画の8000棟、1260戸に比べると進捗は鈍い。なお、13年1月期通期では、売上高2960億円、経常利益240億円の従来予想を据え置いている。経常利益の第3四半期までの通期予想に対する進捗率は71%。

一建設の株価は10時37分現在2626円(△2円)。