写真印が4日ぶり反発、みずほが投資判断を引き上げ

 日本写真印刷<7915.T>が4日ぶりに反発している。みずほ証券が11日付で、投資判断を「アンダーパフォーム」から「中立」とし、目標株価を610円から950円に引き上げたことが観測されている。競争激化から悪化していたタッチパネル事業で期中の大口顧客獲得により収益回復が見えてきたことを評価。産業資材の赤字を吸収し14年3月期には黒字転換の可能性が高まったとしている。

写真印の株価は11時02分現在910円(△39円)。