ナカノフドーが急伸、割安建設株として注目集める

ナカノフドー建設<1827.T>が前日比33円高の212円まで急伸し、11時現在東証1部の値上がり率トップになっている。特に材料は出ていないようだが、割安な低位建設株として、目先筋の資金が流入しているようだ。同社は民間建築が主体の中堅ゼネコン。13年3月期は東南アジアなど海外工事の伸長から、連結経常利益は前期比5.8倍の16億円と好伸長見通しにある。また、ここ市場テーマとなっている公共投資拡大の恩恵も期待できそうで、PER8倍台、PBR0.7倍台の割安さから、目先の値上がり効率を狙った向きが買いを入れたようだ。

ナカノフドーの株価は11時00分現在204円(△25円)。