ソフトバンクは反発、調整一巡感が台頭

 ソフトバンク<9984.T>が反発。11月27日に3215円まで上昇した後に下落していたが、先週末に3000円台割れとなったことで目先的には調整一巡感となっている。11日には「iPhone 5」で、緊急地震速報などを伝える仕組みによって、芸能やスポーツのニュースなどが誤って配信される事象が発生、KDDIが配信したコンテンツを、ソフトバンクの「iPhone 5」で受信してしまったことが要因だが、大きなトラブルとなっていないことから悪材料も織り込む動き。

ソフトバンクの株価は11時17分現在3015円(△26円)。