コニカミノルタHDが堅調、独システム企業買収が株価刺激

 コニカミノルタホールディングス<4902.T>が堅調で一600円台を回復。同社は傘下の事務機販売会社を通じて、ドイツの中堅システム企業を30億円強で買収すると12日付の日本経済新聞が報じた。ドイツでのITサービス事業展開への布石で、これが買いを誘う材料となった。同社は13年3月期に合計で最大400億円のM&Aを実施する方針にあり、既に5件を実施している。11月に入ってからもイギリスの印刷業務受託サービス企業やドイツの光学測定機器大手を相次いで買収するなど、積極的に買収戦略を推し進めており、折りに触れて株価の刺激材料となっている。

コニカミノルタHDの株価は10時48分現在600円(△9円)。