各社の未来を決める年

それぞれの問題点を解決できるかがポイント
13年の家電3社についてですが、パナソニックは映像以外の分野に経営の軸足を築けるかどうか、シャープは高精細液晶の歩留り上昇と販路の獲得に加えて財務体質の改善に乗り出せるかどうか、ソニーは本気でグループ間の事業統合やコスト管理が進捗するかどうかに市場の注目が集まる。株価もこうした経営改善の兆しを感じなければ底打ちするのは難しい。新規の買いは経営変化の兆しを見てから。