<私の相場観>=ブーケ・ド・フルーレット代表 馬渕治好氏

 株式市場は日経平均9500円台近辺で上値が重い展開だが、上値余地は十分にあるとみている。

 ここまでの戻り相場で買い主体となったのは外国人投資家であり、それも年金やミューチュアルファンドといった長期資金ではなく、短期筋が中心とみられる。短期筋の買いは、先物に買いを入れていく手法で、これに現物が追随して株高が演出。結果、裁定残が2兆円超の水準に積み上がり、今後はこれまで同様に先物の売りが裁定解消売りを誘発して、株価は結局上がりきれないという見方をする人も少なくない。

 しかし、今回は違うとみている。それは政治が変わることにより、相場もターン・アラウンド(大転換)のタイミングにあるからだ。日本企業の底力を引き出す環境がもたらされれば、ここまで待機していた長期の海外資金の買いが見込まれ、株価はさらなる水準訂正が期待できる。

 日経平均は年末までのレンジで上値1万円、年度末で1万1000円ラインを視野におきたい。物色対象としては、米景気回復を背景に自動車や総合商社、重電株などが注目される。