コーセルが続落、前引け後に業績下方修正と配当減額を発表

 コーセル<6905.T>が続落。この日は昼休み時間中に第2四半期累計(5月21~11月20日)連結決算を発表するとともに、13年5月期の連結業績予想を従来の売上高209億8000万円(前期比8.4%増)、経常利益39億円(同18.6%増)の増収増益予想から一転、売上高180億円(同7.0%減)、経常利益28億2000万円(同14.2%減)の減収減益予想に下方修正したことを嫌気。半導体製造装置関連や制御機器関連などの需要低迷を受けて、スイッチング電源が低調に推移していることが要因としている。また、これを受けて従来中間・期末ともに11円だった配当金をそれぞれ10円とし、年間20円(従来予想22円、前期21円)としたこともネガティブ材料視されているようだ。

コーセルの株価は13時31分現在1047円(▼12円)。