いすゞがしっかり、リコール届出も業績拡大期待が下値支える

 いすゞ自動車<7202.T>がしっかり。11日に路線バス2車種、1037台のバッテリーケーブルに不具合があるとして、国土交通省にリコールを届け出たが、事故が起きていないことや業績への影響は軽微と見て売り急ぐ動きはない。アースケーブル端子と車体の固定が不確実で、エンジンが停止したり開扉時に扉が閉じるおそれがあるため、回収して無償修理するとしている。4~9月の販売台数は36%増を記録するなど国内外とも好調で、インドネシア法人のいすゞアストラモーターインドネシアが新工場を建設、年間8万台のトラック生産を計画することから、今後の業績拡大期待が下値を支えている。

いすゞ自動車の株価は13時44分現在482円(△1円)。