ビール各社で明暗、11月出荷減少もサッポロはPB発売で増加期待

 アサヒグループホールディングス<2502.T>、キリンホールディングス<2503.T>が売られる一方、サッポロホールディングス<2501.T>は小高く推移している。ビール大手5社が12日発表した発泡酒と第三のビールを含むビール類の11月の出荷は前年同月比0・7%減の3625万ケースと2カ月ぶりにマイナスになり、アサヒ、キリンは利益確定売りが先行した。一方、サッポロは国内大手ビールメーカーとして初めてセブン&アイ・ホールディングスのプライベートブランドビールの発売を開始したことで、今後の出荷量の増加が期待され、買いが優勢になっている。
 
アサヒの株価は14時23分現在1893円(▼10円)。
キリンは1021円(▼2円)。
サッポロは260円(△1円)。