船井電機が続伸、クリスマス商戦で見直しの動き

 船井電機<6839.OS>が続伸、出直る動き。北米での販売比率が7割を占めることからクリスマス商戦突入で見直しの動きとなっている。今3月期は連結営業損益で25億円の赤字(前期実績4億6100万円の黒字)となる見込みながら今年9月から開始したフィリップスブランドのオーディオアクセサリー事業の本格寄与やレーザービームプリンタの貢献で来期浮上が期待されている。

船井電機の株価は14時29分現在978円(△16円)。