芝浦メカが3日ぶり反発、半導体製造装置の回復を先取り

芝浦メカトロニクス<6590.T>が3日ぶり反発。株価は前日比14円高の167円まで買われている。同社は半導体製造装置が主力で、このところ半導体市況の底入れ、回復観測が出ているが、製造装置も最悪期を脱しつつあることから、収益の回復を先取りした買いが先行している。

芝浦メカの株価は14時39分現在161円(△8円)。