FOMCで異例な低金利の期間にインフレ率と失業率の縛りが加わり踏み込んだ内容に、市場はリスクオン姿勢!

クロス円の上昇がドル円を引っ張り、ポジション調整圧力を吹き飛ばす買いに。
ドル円は83.000にあったオプションの防戦売りを潰し、かつFOMCで異例な低金利の時間軸をインフレ率が2.5%以上に、失業率が6.5%以下にならないと解除しないという風に縛ったことで、リスクオンで、クロス円が大きく上げる展開となったことから一段と上昇。利食い売りも出ているはずですが、それにもまして海外勢はクリスマス前にも関わらず円売りトレンドを推し進める方針かもしれません。儲かっていない今年で、トレンドがはっきりしているものをとことん追いかける海外勢の姿勢に付いて行くしかないような動き方です。
東京ではロングの利食いも出やすいですが、83.000手前で買いから入ってみる方針。ストップは82.800割れで。利食いは83.500越えで。
作成時 83.197-201 8:08AM

ユーロドルは1.30550以下、1.30450で買い。ストップを1.30300と狭く置いて1.31000手前の動きを見る。重たいと感じたら、利食いも良し、抜けたら1.31400レベルまで
引っ張るもよし。1.31500~1.31700はトリプルトップの上限で、重たいはずだが、抜けたら一段とユーロ円の上昇と相まって上値追いする可能性があり、レベル感で売り上がりは危険。
作成時 1.30651-658 8:20AM

ユーロ円は押し目買い。83.050×1.30500=108.380で、この近辺を押し目買いしてみる。ストップは108.000割れに置き、利食いは108.950、109.100で考えたい。
作成時 108.678-687 8:26AM