日マイクロが急反発、リストラ効果が約30億円の増益要因

 日本マイクロニクス<6871.OS>が急反発、前日比21円高の308円で寄り付いた。12日付日本経済新聞が「2013年9月期はリストラ効果が約30億円の増益要因になりそうだ」と報じたことで、今期業績予想の上ブレを期待した買いが先行した。前9月期は半導体市況の低迷やメモリーの生産調整の影響を受け大幅赤字に転落していた。今期は半導体市況の回復で連結営業利益3億円、純利益1億円と小幅ながら黒字浮上を見込んでおり、一段の収益改善が期待されている。

マイクロニクスの株価は10時28分現在303円(△16円)。