関電工は堅調、SMBC日興証が目標株価を330円に引き上げ

 関電工<1942.T>は堅調。一時、前日比3円高の370円まで買われている。SMBC日興証券が13日付のリポートで、投資判断「3(アンダーパフォーム=弱気)」を継続しながらも、目標株価を320円から330円へと引き上げたことを好感している。
 リポートでは「13年3月期営業利益は、配電線工事の受注高が好調に推移していることから、同社計画を上回る見通し。しかし、同社の単体受注高の4割強を発注する東京電力は、柏崎刈羽原子力発電所の再稼働ができなければ再度の電気料金値上げが必要となる可能性がある」としている。

関電工の株価は11時30分現在369円(△2円)