日立ハイテクが上昇、セイコーHD孫会社の買収決定を好感

 日立ハイテクノロジー<8036.T>が一時63円高の1867円に買われるなど反発急となった。同社は12日引け後に、セイコーホールディングス<8050.T>の子会社セイコーインスツルの傘下で分析装置メーカーのエスアイアイ・ナノテクノロジーの全株式を、13年1月1日付で取得すると発表したが、これによる業容拡大期待が買いを後押ししている。日立ハイテクとセイコーインスツルは5月24日に日立ハイテクがエスアイアイ・ナノの全株式を譲り受け100%子会社化することについて基本合意していたが、独占禁止法の審査に時間がかかり、当該契約の締結が遅れていた。公正取引委員会は10日に、日立ハイテクに排除命令を出さないことを通知し買収が決定したもの。

日立ハイテクの株価は11時30分現在1863円(△59円)。