新興市場(前引け)=ジャスダック平均は続伸、マザーズ指数は年初来高値

 13日前引けの新興市場は日経ジャスダック平均は続伸、東証マザーズ指数も8日続伸となり年初来高値を更新した。
 日経ジャスダック平均は前日比4円20銭高の1384円09銭。アマガアサがストップ高となりオートウェーブ、ヤマウ、レーサムが年初来高値、ユビキタス、ワークマン、シーシーエス、オービス、M2Jも値を飛ばした。半面、アールテックが続急落、メガネスーパー、テイン、楽天、USENも安い。
 東証マサーズ指数は前日比3.31ポイント高の406.24。関門海がストップ高となりエリアリンクは年初来高値更新、ジアース、ディア・ライフ、スカイマーク、GTSも値を飛ばし、12日公開のenishやタカラバイオ、NPCも高い。半面、スリープロが続急落、イーキャッシュ、ユニグモ、総医研、綜合臨床も値を崩した。