東京株式(後場寄り付き)=円安進行を好感し、日経平均株価は上昇幅拡大

 13日後場寄り付きの東京株式市場は一段高に買われ、日経平均株価は一時、前日比180円超の上昇をみせている。
 円がドル、ユーロなど対主要通貨で下げ基調を強めていることから、自動車、電機、精密機器など輸出関連の主力銘柄が上げ幅を拡大している。後場寄り前には、日経平均株価先物が一時、上げ幅を200円超に拡大する場面がみられた。