大真空が続伸、アップル関連として見直される

 大真空<6962.OS>が続伸。米・アップルが高精細の大画面テレビを開発していることが米ウォール・ストリート・ジャーナルで報じられたことに絡んでアップルの取引先企業である同社も関連銘柄として再び関心を集めている。水晶デバイス総合大手で小型高性能の技術開発力から、スマホ向けやタブレット端末向けの引き合いが活発化、歩留まり向上などで今3月期は連結営業利益で9億1000万円(前期実績3億1600万円)と大幅増益予想で業績回復基調からも安心感がある。

大真空の株価は13時34分現在241円(△7円)。