大阪株式(大引け)=大幅続伸、主力株を中心に幅広く物色

 13日の大阪株式市場は大証修正平均で前日比140円19銭高の1万6647円36銭と大幅続伸となった。
 主力株を中心に幅広く物色されており、村田製作所が5日続伸、森精機が3日続伸、任天堂も続伸となり、日本電産も反発、ローム、船井電機、大真空、ホシデン、島精機、サンコールなども買われた。半面、シマノが急落、オートバックス、青山商事、六甲バターなど内需系は軟調。
 2部はハナテンが3日続伸、神島化工も反発となりジャパン・フード&リカーや田淵電機、阪神内燃機など低位株が高い。半面、電産リード、アーバンライフ、クレアHDは安い。