メッセージの監理銘柄(確認中)指定が解除される

 大阪証券取引所は13日の取引終了後、メッセージ<2400.OS>の監理銘柄(確認中)指定を14日より解除すると発表した。同社が13日付けで四半期レビュー報告書を添付した四半期報告書を提出したことが確認されたため。なお、メッセージは、子会社のジャパンケアサービスグループが過去に提出した有価証券報告書などで、不適切とみられる会計処理があることが判明し、7~9月期の四半期報告書を法定期限の11月14日までに提出できないとして、10月29日より監理銘柄(確認中)に指定されていた。

メッセージの株価(大引け)は22万4700円(▼5700円)。