メガネスパーが13年4月期業績を下方修正 既存店売上高伸び悩みや広告費の増加で

メガネスパー<3318.OS>が13日引け後に13年4月期単独業績見通しの下方修正を発表。売上高は前回予想の207億8900万円から180億1700万円(前期比6.0%減)、経常損益9700万円の黒字から3億400万円の赤字(前期は14億8000万円の赤字)に減額し、黒字転換から一転、経常赤字継続見通しとした。リニューアル店が4店舗にとどまったことやマーケティング投資を抑えたことから既存店売上高が伸び悩んだこと、広告宣伝費用の増加が要因だ。