<株式トピックス>=シャープの踏み上げ相場の行方

 シャープ<6753.T>の踏み上げ相場が加速している。出来高は11日=8746万株、12日=1億5530万株、13日=2億4020万株と大きく膨らみ、株価もこの3日間で22%と急上昇をみせており、完全に「影の主役」といえる存在感を示している。
 きっかけとなったのは、11日引け後に発表された7日申し込み現在の信用倍率が0.76倍(前週は1.09倍)と一気に大幅な売り長となり、11日現在の日証金の貸借倍率も0.31倍と、3日で15銭の逆日歩がつくなど、取組妙味が増しているためだ。
 チャート面では、8月29日の240円高値を上回り、8月初の下落局面で開けたマドを埋める寸前まで上昇している。マド埋めが完成すれば、300円台を試す動きも想定される。さらに、日足チャートで75日移動平均線を25日移動平均線が下から上抜くゴールデンクロスの示現が目前に迫っており、この面からの先高期待感も高まっている。