武田が反発、新薬候補の東大譲渡報道が手掛かり

武田薬品工業<4502.T>が反発。14日付の日本経済新聞が「武田薬品工業は東京大学にアルツハイマー型認知症の新薬候補を譲渡した」と報じたことが手掛かりになっている。2013年3月をメドに東大の付属病院で臨床試験が始まり、新薬となった場合のロイヤルティー収入を受け取ると記事は伝えている。同社の新たな収益獲得につながる可能性から、買いが先行している。

武田の株価は9時08分現在3825円(△20円)。