パナソニックが小動き、エコカー向け蓄電部品を2割安く生産報道も利益確定売り

 パナソニック<6752.T>が売買交錯で小動き。14日付の日本経済新聞が「パナソニックはハイブリッド車や電気自動車に使われる蓄電部品の汎用品を開発した」と報じた。顧客の自動車メーカーごとに変えていた仕様を統一し、生産コストを約2割減らし、需要の見込まれる中国やアジアなど新興国の自動車メーカーに供給、2015年の生産台数を11年度比2.5倍に増やすと記事は伝えている。だがこの材料に株価は反応薄。同社株はこの2日で円安進行などを手掛かりに約17%の大幅高したあとだけに、きょうは利益確定売りが出ている。

パナソニックの株価は9時14分現在482円(△1円)。