ウイルコHDがしっかり、12年10月期業績見込みを下方修正もアク抜け感

 ウイルコホールディングス<7831.T>がしっかり。13日の取引終了後、集計中の12年10月期連結業績について、従来予想の売上高161億6000万円、経常損益2億8000万円の赤字を下回り、それぞれ160億9000万円(前期比22.0%減)、3億6800万円の赤字(前の期1億3500万円の黒字)で着地したとの下方修正を発表。ただし、下方修正は既に織り込み済みとの見方も強く、株価に値ごろ感もあるため、売り材料とはなっていない。第3四半期より情報・印刷事業に経営資源を集中したことで、売上高はほぼ計画通りとなったが、会社分割後の社内体制変更の費用などで利益は悪化したとしている。

ウイルコの株価は09時31分現在62円(△1円)。