泉州電業が続伸、来年後半からの復興需要に期待

 泉州電業<9824.T>が続伸。引き続き13年10月期業績が連結営業利益で24億円(前期比9.0%増)と増益となることが好感されている。12日の決算発表の席上、宮石忍専務は「来年後半から復興に絡む需要が表面化してくる」とし、地下鉄でも携帯電話の電波をつながりやすくする漏洩同軸ケーブルの拡大なども指摘している。

泉州電業の株価は9時33分現在936円(△4円)。