小林産業が反落、前期減益を嫌気

 小林産業<8077.OS>が反落。13日午後3時に前12年10月期決算を発表、連結売上高は183億7000万円(前々期比11.7%増)ながら鋲螺部門では流通構造の変化と原材料価格の下落が相まって取扱商品の価格競争が激化し営業利益では4億8500万円(同15.2%減)と減益となったことを嫌気している。今期は売上高199億円(前期比8.3%増)、営業利益5億5000万円(同13.4%増)と増収増益を計画、建設用ボルト・ナットの首位商社であることから、今後、自民党政権下で国土強靭化計画が遂行されれば、間接的な恩恵を享受しそうだ。

小林産業の株価は9時46分現在163円(▼6円)。