三菱ケミHDが反落、シティが投資評価を引き下げ

 三菱ケミカルホールディングス<4188.T>が反落、シティグループ証券が投資評価を「買い」から「中立」へ引き下げたことが観測されている。テレフタル酸、フェノール/PC樹脂などの市況が予想以上に厳しく、MMA(メタクリル酸メチル)の回復も鈍いことから、業績予想を下方修正したことが要因と。事業ポートフォリオ再編への取り組みは今後も期待されるが、石化関連を中心に業況が厳しく、当面の成長を牽引する事業もやや乏しいため、株価の上昇余地は限られるとみている。目標株価は370円。

三菱ケミHDの株価は10時20分現在380円(▼5円)。