<前場の注目銘柄>=オオバ、受注拡大で今期大幅増益へ

 オオバ<9765.T>が10月17日の安値116円を底に一貫して水準を切り上げている。目先的には調整も必要ながら時価はPBR0.7倍、復興に絡む受注拡大継続を考慮すれば、割安感は強い。

 調査測量、計画設計、区画整理、地理情報システムを中心に建設コンサルタントを幅広く展開、昨年の東日本大震災以降、街づくり業務に絡む受注が拡大しており、石巻市からは市街地部の高台移転などの業務委託業者に指定されている。自民党が政権復帰を果たし国土強靭化計画が遂行されれば、復興に絡む受注が更に拡大しよう。今5月期は通期連結営業利益2億4000万円(同40.4%増)と大幅な増益を計画。