三菱重工が小動き、リージョナルジェット大型受注も反応薄

 三菱重工業<7011.T>が小動き。13日取引終了後にグループのリージョナルジェット製造販売会社、三菱航空機が米スカイウェスト社から90席クラスの三菱リージョナルジェット(MRJ90)100機の購入とオプション100機追加購入契約を正式に結んだと発表したが、スカイウェストとの交渉の進行状況は事前に伝わっており反応は鈍い。納入は2017年、オプションは2021年に納入を開始する予定で、販売総額はMRJ90のリストプライス、100機分のオプションを合わせて84億ドルになるだけに、連結業績へのインパクトは大きく、中期的に株価を支えていくと見られている。

重工の株価は10時32分現在380円(△▼0円)。