ディエヌエーが3日続落、GSが投資判断引き下げ

 ディー・エヌ・エー<2432.T>が3日続落。ゴールドマン・サックス証券が投資判断を「中立」から「売り」としたことが観測されている。目標株価は2300円据え置いている。第2四半期決算で足もと業績の堅調が確認され、将来の海外事業の利益貢献への期待が高まったことが株価上昇の背景にあったが、同証券では同社の利益は10~12月期以降フラットとなり、、むしろ縮小リスク台頭の可能性が大きいと指摘。株価上昇により目標株価までの下落余地が拡大したため投資判断を引き下げるとしている。

ディエヌエーの株価は10時52分現在2894円(▼52円)。