シャープが続騰、直近安値からの上昇率60%超える

 シャープ<6753.T>が続騰、前場中ごろ前日比15円高の265円まで上げ幅を広げ、出来高も10時36分現在で1億株を超え連日の大商い。直近安値からの上昇率は60%を超えた。7日現在の信用残は売りが大幅に増える一方買いが減少、信用倍率は0.76倍と大幅な売り長になり、13日現在の日証金残も貸株が融資の5倍近くに膨らんでいる。きょうは4K液晶パネル搭載の次世代液晶テレビに参入すると発表したことや、日本経済新聞が「円高修正で輸出企業30社の営業利益を2300億円押し上げ」と報じたことなどが手掛かりになり、買い戻しを誘発している。

シャープの株価は10時40分現在261円(△11円)。