<みんかぶ・個人投資家の予想から>=「売り予想数上昇」4位にシャープ

 「みんなの株式」が集計する「個人投資家の売り予想上昇(最新48時間)」の14日午前10時現在で、シャープ<6753.T>が4位となっている。
 同社の株価は踏み上げが加速している。出来高は11日=8746万株、12日=1億5530万株、13日=2億4020万株と大きく膨らみ、株価もこの3日間で22%と急上昇をみせている。日証金と大証金は、シャープ株を13日付で貸借取引の注意喚起銘柄に指定した。当然、利益確定の売り圧力が強まる可能性もある。
 きょう14日も続伸、10時40分現在で出来高は1億株を突破し、一時前日比15円高の265円まで買い進まれるなど堅調な展開を続けている。
 株価上昇のきっかけは、11日引け後に発表された7日申し込み現在の信用倍率が0.76倍(前週は1.09倍)と一気に大幅な売り長となったこと。
 チャート面では、8月29日の240円高値を上回り、8月初の下落局面で開けたマドを埋めてきている。さらに、日足チャートで75日移動平均線を25日移動平均線が下から上抜くゴールデンクロスの示現が目前に迫っており、この面からの先高期待感も高まっている。
 ただ、台湾・鴻海精密工業からの出資受け入れの具体化協議が長期化するなど、経営再建への道筋は見えていないことも確か。

シャープの株価は、11時08分現在262円(△12円)