加藤製が小動き、下値もみ合い離脱に期待、酒井重に対し出遅れ感も

 加藤製作所<6390.T>が小動き。下値鍛錬を継続中の日足形状ながら、一目均衡表では雲(抵抗帯)を上抜ける格好となっている。中国向け減速などで業績見通しはさえないものの、株価には織り込み済み。地合いの好転を背景に、PBR0.4倍台まで売り込まれたことによる水準訂正高を期待する向きは多い。以前、株価連動性が指摘されていた酒井重工業<6358.T>が戻りを試すトレンドを継続していることから、出遅れ感を指摘することもできそうだ。

加藤製の株価は、11時30分現在233円(△▼0円)
酒井重の株価は、11時30分現在275円(▼1円)