日産自が朝安から切り返す、EV電池工場稼働、円安進行も追い風

 日産自動車<7201.T>が後場切り返しに転じた。為替市場で円安が進行、足もとは1ドル=84円台をうかがう動きとなっているほか、対ユーロでも1ユーロ=109円台80銭近辺でもみ合うなど円が一段と売られる動きとなっていることから、輸出採算メリットに期待する買いが増勢となった。また、同社は13日、米国で電気自動車(EV)用のリチウムイオン電池工場の稼働を始めたと発表したが、これも支援材料となっている。同社では13年初めに米国で現地生産を始めるEV「リーフ」に搭載する電池を供給する計画だ。

日産自の株価は13時10分現在792円(△4円)。