竹内製が7日続伸、通期増額修正濃厚、円安も味方

 竹内製作所<6432.OS>の上げ足が止まらない。きょうで7日続伸となっている。国内生産の9割以上を海外輸出している異色の小型建機メーカーで、欧州と米国で不動の実績を持つ成長企業だが、ここにきて急速に進む円安が同社にとって心強い味方となっている。13年2月期業績について会社側では売上高が横ばいの404億円、経常利益は同49%増益の13億7000万円を見込んでいるが、12年3~8月期(上期)に経常利益は12億2300万円を稼ぎ出しており、進捗率は実に約90%に達している。現在の円高修正の流れも考慮して増額修正の可能性は非常に高い。既に7日続伸していることからも分かるように株価は値動きの速さが強みで、目先資金の買い参戦を促しやすい特性をもっている。

竹内製の株価は13時33分現在866円(△11円)。