大成建が連日の高値、野村証券が目標株価引き上げ

 大成建設<1801.T>が連日の年初来高値更新で、後場前日比12円高の250円まで上げ幅を広げた。衆院選の投開票を控え、新政権の景気対策へ期待が高まるなか、公共投資関連の中核銘柄として人気を集めている。みずほ銀行大手町本部ビルと大手町フィナンシャルセンターを建て替える「大手町1―6計画」が進んでいることも買い手掛かりで、13日付で野村証券が投資判断「ニュートラル」を据え置き、目標株価を205円から235円に引き上げている。

大成建設の株価は14時34分現在247円(△9円)。