三菱UFJMS証は「インフレ期待による上昇は3月程度まで継続」と指摘

 三菱UFJモルガン・スタンレー証券では13日付で、銀行セクターの見通しをアップデート。「インフレ期待による銀行株の上昇は3月程度まで継続」と指摘している。このなかで、「次期総裁がインフレを実現するという強い態度を示し、アナウンスメント効果を発揮することができれば、銀行株の上昇も継続すると考える」とし、その上昇は「日銀の次期総裁候補が具体的になる来年3月程度まで継続する可能性があると考える」とコメントしている。一方で、「現実的な前提を置くと、財政破たんリスクの顕在化時には、銀行の(金利リスク量の)試算値より4倍以上大きな損失が発生する可能性がある」ともしている。