三菱UFJモルガン証が都市ガスセクターをアップデート

 三菱UFJモルガン・スタンレー証券では13日付で、都市ガスセクターをアップデート。ファンダメンタルズについてポジティブに評価している。10月のガス販売量は堅調であり、最近の気温低下は家庭用のガス販売量の上振れ要因になっている可能性があると考えるとコメント。
 また、衆議院総選挙後、どのような政権でも、中期的なエネルギー政策の中で都市ガスの高い位置づけは変わらないと考えると指摘している。注目銘柄は東京ガス<9531.T>を挙げており、レーティング「アウトパフォーム」(強気)、目標株価510円に設定。(1)14年3月期の都市ガス販売量は増加見通しであること、(2)14年3月期も国内発電事業の収益が好調を維持する可能性があると考えること、(3)13年3月期純利益をベースにした株主還元策が注目される、の3点をポジティブに評価しているという。