ジオスターが3日続伸、「トンネル崩落防止関連として目先資金が流入」と

 ジオスター<5282.T>が3日続伸。4日に戻り高値191円を示現して以降は調整場面となっていたものの、この日は東証1部市場で建設関連株が人気化していることから連想買いが入った格好。道路トンネル向け部材を手掛けていることから、トンネル天井崩落事故を背景に関連株として上昇した経緯があり、「その蒸し返しで短期資金が流入している」(地場証券)という。PER7倍台と指標面に過熱感が無いことから訂正高余地がある半面、200円近辺は11年3月来のフシ目があることから、目先は上値の重さを意識する値動きとなる公算も。

ジオスターの株価は、15時00分現在182円(△12円)