銚子丸の5~11月期は純利益83%増

 銚子丸<3075.T>は14日取引終了後に、5(16日)~11(15日)月期決算を発表した。単独売上高は前年同期比0.3%減の85億3800万円と横ばいながら、営業利益は47.2%増の3億8000万円、経常利益43.3%増の3億9500万円、純利益82.7%増の2億2400万円と大幅増益で着地した。
 期中、出退店はなく売上げは前年同期並みになったが、原材料価格の上昇が落ち着き、コストダウン効果が表面化したことで利益率が大きく改善した。今13年5月(15日)期の売上高は前期比4.6%増の187億2600万円、営業利益4.6%増の9億3800万円、経常利益5.2%増の9億7400万円、純利益31.5%増の5億7200万円と期初予想を据え置いた。期末配当27円を継続。