稲葉製作が13年7月期業績予想を上方修正、東北地方などで鋼製物置堅調

 稲葉製作所<3421.T>が今13年7月期の連結業績予想を売上高291億円はそのままに、営業利益を10億円から11億6000万円(前期比49.1%増)、経常利益を12億円から13億4000万円(同38.3%増)にそれぞれ上方修正した。東北地方を中心に復興需要などで鋼製物置セグメントが堅調なほか、鋼材単価が予想を下回ったことなどが要因としている。
 なお、同時に発表した第1四半期(8~10月)連結決算は売上高70億1800万円(前年同期比8.4%増)、営業利益1億7700万円(前期1億100万円の赤字)、経常利益2億1500万円(同6200万円の赤字)だった。

稲葉製作の株価(大引け)は1033円(△3円)。