内外トランスが12年12月期業績の下方修正を発表 貨物減少で一転、経常減益に

内外トランスライン<9384.T>が14日引け後に12年12月期連結業績見通しの下方修正を発表。売上高は前回予想の135億円から134億円(前期比6.9%増)に、経常利益は12億3000万円から9億8000万円(同6.3%減)に減額し、17.6%経常増益から一転、減益の見通しとした。欧州経済低迷の長期化や日中関係の悪化に伴う貨物の減少が要因だ。