マイクロニクス軟調、三菱UFJMSが「ニュートラル」から「アンダーパフォーム」

 日本マイクロニクス<6871.OS>が軟調。三菱UFJモルガン・スタンレー証券が14日付で目標株価を204円から242円に引き上げているものの、レーティングを「ニュートラル」から「アンダーパフォーム」に引き下げた。13年9月期通期予想を連結営業損益で会社側計画の3億円の黒字に対して、同証券では当初予想の17億円赤字に対して5億円赤字(前期実績9億2800万円の黒字)へと赤字幅縮小を指摘しているが、半導体、FPD機器ともに依然として同社が置かれた状況は楽観できないとしている。

日本マイクロニクスの株価は9時40分現在295円(▼1円)。