安川電機が強い動き、東南アジア売上高20%増目指す

 安川電機<6506.T>が反発、戻り高値圏で強い動きを見せている。17日付日本経済新聞が「15年度に東南アジア売上高を今年度予想比20%増の130億円を目指す」と報じたことで、新興市場開拓による業績拡大が期待された。ベトナムに産業用ロボットなどを販売する現地法人を設立する一方、インドネシアではロボットに加え、機械のモーターを制御するインバーターの販売にも乗り出すという。月次受注は回復傾向を鮮明にしていることから、足もとの業績は上ブレが予想され、送配電網整備による大型受注への期待も買い手掛かりになっている。

安川電の株価は10時16分現在729円(△11円)。