外為:一時、1豪ドル89円台と1年8カ月ぶりの安値水準

 17日の東京外国為替市場の円相場は午前10時30分時点で、1豪ドル=88円52~56銭前後と前週末午後5時時点に比べ23銭の豪ドル高・円安で推移。衆院選での自民党の大勝を受け、朝方には一時、1豪ドル=89円01銭と2011年4月以来、約1年8カ月ぶりの豪ドル高・円安を記録している。